パイオニア ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. EQブログ
  4. 感情のコントロールができるハートぬりえ

感情のコントロールができるハートぬりえ

今日のアクティビティー

今、どんな気持ち?と自分への問いかけから始まるワークです。
自分の感情は大切なメッセージであることから、自分で受け止めて、自分で大切にしていく中で、
アクション(行動の選び取り)に繋がっていきます。

 

 

 

 

 

 

みんなで感じた、一つひとつの感情を受け止めながら、取出し、色をつけ、ハートぬりえにしていきました。
今度は、みんなの感情をハートの瓶に、色とりどりの砂絵を流し込み、感情の層を作っていきました。
出来上がったハートの瓶は、とてもきれいな層が出来上がるのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのハートの瓶を見て、
《ネガティブな感情があまり気にならない・・・》
《きれい・・・》
という感想の中、

【すべての感情は素敵である】ということ、

だからこそ、
ネガティブ・ポジティブという線引きではなく、
自分で大切にすること
を感じた瞬間でした。

最後は、記憶に新しい、阿部詩さんが柔道で金メダルを手にした動画から、
競技の中で見せた様々な姿から、この5年間の中で、どのような感情があっただろう?
うまくいかなかった時、どんな感情になっだろう?
オリンピックで金メダルを獲得するために、どんな感情を活かして、どんな行動を起こしたのだろう?とみんなで考えてみました。

そののち、
【自分のゆめを叶えるために・・・】
どのような感情を活かして、どのようなアクションを起こしていくかを書きだし、
大きなハートに貼っていきました。

《ワクワク➡一歩ずつ進んでいく》

《ドキドキ➡自分ならできる諦めないと思うように》

《やる気➡人と比べず、今の自分がどうなのか?》

《自分の気持ちと仲良くする》

などなど。
素敵な内容に感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EQは、プログラムの中で完結するのではなく、実生活でどのように活かしていくかがキーになります。
感情は、メッセージでもありますが、感情で人の心を動かすこともできます。
自分の内側に湧き上がる感情を大切にしたいものです。

関連記事